サーバー引っ越しの際のドタバタ備忘録~ちなみにwpXクラウドからwpXレンタルサーバー編

サイトの引っ越しをしました。

wpXクラウド」から「wpXレンタルサーバー」へ移転です。ついでにドメインも変えました

「wpXクラウド」「wpXレンタルサーバー」、どちらも「エックスサーバー」のWordPress専用サーバーです

今回の記事は、引っ越しの際につまづいてしまったところを覚えておくための記録を兼ねています。

初心者ゆえというのも、単に私の不注意というのもあります。

「wpXクラウド」→「wpXレンタルサーバー」へ移転、というパターンは割と多いと思いますが

私自身、WordPressの構造をまだ理解していない事もあり、「検索でいらした方、参考にして下さい」と積極的には言いづらいです。

あくまでカスタマーサポートにちゃんと問い合わせる前提のヒントとしてお使い下さい。

「FTPソフト?データベース?なにそれ」という方は、事前に予習しておく事をおすすめします。

そして、エックスサーバーの解説ページの手順通りに行い、困ったら余計な事をせずカスタマーサポートの方へ連絡して返事を待ち、という感じで気長に頑張りましょう。

移設の手順

以下がエックスサーバーのサイトからコピペさせていただいた「WordPress移設の手順」です。

移転元で準備するもの
1. データベースのバックアップデータ取得
2. 「.htaccess」ファイルの取得
3. WordPressインストール先にある[wp-content]フォルダの取得
wpXレンタルサーバーで必要な作業
1. ドメインの追加(※独自ドメインで運用する場合)
2. WordPressのインストール
3. 内容の編集
4. データベースのインポート
5. 取得した.htaccessの適用
6. ファイルのアップロード

引用・WordPressの移転 エックスサーバー

元ページには各項リンク先が貼ってあり、その先には詳細な解説があります。

移転が終わった後、カスタマーサポートの方とやりとりした際、

カスタマーサポート

マニュアルに記載の内容は他サーバーでの対象方法となるため、当サーバー内での移転であればいくつかの事項は省略できます

とおっしゃっていたのですが、私のつまづきの中にはそれに気付かなかったからというのもあります。

「移転元で準備するもの」

手順「1.データベースのバックアップデータ取得」にて

まず“1. データベースのバックアップデータ取得”の解説にある

データベースをバックアップする為に管理パネルから「phpMyAdmin」へログインする。その際入力するパスワード等は(FTPソフトを使って)「wp-config.php」ファイルを開いて見る。

省略出来ました

wpXクラウドの「管理パネル」の「WordPress設定」をクリック

「データベースのバックアップ」をクリックして

「エクスポート実行」をクリック

これで“データベースのバックアップ”が取得できました。

実は下の方の項目に省略できる事、ちゃんと書いてあるんですよね。

手順「2.「.htaccess」ファイルの取得」にて

私が使ったFTPソフトはFFFTPです。

FTPソフト – サーバーのデータを自分のパソコンへダウンロードしたり、逆にパソコンのデーターをサーバーへインストールしたりできるソフト。無料でダウンロードできます

「.htaccess」取得の際に戸惑ったのは、FTPソフトに接続しても「.htaccess」ファイルが出てこなかった事です。

FFFTPソフトでホストの設定の時に入力するパスワードは、管理パネルの「FTP設定」から入手(もしくは再設定)できます。

黄色で囲んだ説明文に書いてありますが、ここのチェックを外すと「wp_content」の中のファイルしか接続できません。つまり「.htaccess」ファイルをFTPソフトから取得する事ができないので、「.htaccess」取得の際はここにチェックを入れます

sponsored links

「wpXレンタルサーバーで必要な作業 」

データベースのインポート

私はここを読んで、ダウンロードしたバックアップデータ名に“wp_”をつけなきゃいけない、と思ったのですが、カスタマーサポートの方からつけなくてもいいと言われました(笑)

カスタマーサポート

接頭辞に関してはデータベース内で行っていただく作業となるため
ファイル名に追記していただくものではありません。

またwpX内での移転である場合は接頭辞はwp_で統一されているため
この作業は不要であるものと存じます

ぼんやりとしか意味が判らない…という場合は「思い切ってやっちゃう」んじゃなくて、カスタマーサポートで聞くのがベストです。

独自ドメインに変更した為に必要だった作業

ちなみに旧URLのサイトは以下の作業が終わるまで残しておきました。

本当は、新URLのサイトの動きを数日見て消したかったのですが、ミラーサイトと勘違いされたら大変なので急ぎました。

phpMyAdminからURLを変更

管理パネルから新サーバーの「phpMyAdmin」へログイン。

左のサイドバーにあるデータベースのユーザー名(「wp-config.php」ファイルで確認できます。「ちなみに私は“自分のサーバーID_wp数字”」という形式でした)をクリック。

  1. サイドバーより「wp_options」をクリック
  2. 上のタブを「表示」にして
  3. 「option_id」の「1」「2」の「option_value」に書かれた旧URLを新しいURLに変更します

パスワードを変える

ダッシュボードへ入るID・パスワードが同じなので、入力すると旧サーバーへ飛んだような気がします(うろ覚え)。“パスワードをおわすれですか?”をクリックしてパスワードを再発行すればOK。

試用期間投げてwpXレンタルサーバーの本申し込みを済ませていないとこの機能使えなかったような(うろ覚え)

↑調べて追記します

ファイルに残った前URLを新しいURLに変換

FTPソフトでインストールした画像は皆、新ドメインに変わっていたのですが、記事のリンクはすべて旧ドメインのままでした。

「全ての記事を一括変換」の方法を探すのは早々に諦め(記事が少ないので。笑)以下の方法で、記事内のURLを新しいのに変換していきました。

FoxReplaceを使います。ブラウザをfirefoxにしてFoxReplaceをダウンロードして(無料)1記事ずつ一括変換。投稿画面にも検索変換する機能がありますが、FoxReplaceの方が作業がさくさく進んだのでおススメです。

※追記・ウィジェットの中のリンクの書き換えも忘れずに

sponsored links

引っ越しを終えて

引っ越し後は、グーグルアナリティクスやサーチコンソール等々、速やかにURLを変更手続きをしました。

メールでのやりとりでしたがエックスサーバーのカスタマーサポートの方には本当にお世話になりました。

改めてエックスサーバーを推す最大の理由をみっつ

  1. カスタマーサポートの方の説明が丁寧
  2. 解約・退会ボタンが1クリックで見つかる
  3. 普段は、本当に必要な時にしかメールが来ない

地味に2と3、かっこよくないですか?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました

コトコ

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です